2010年06月07日

樽床氏の地元「閉塞日本…挑戦に勇気づけられた」(産経新聞)

 民主党の代表選で4日、大阪府寝屋川市の樽床伸二氏の事務所には、後援会メンバーや地元市議らがかけつけ、推移を見守った。

 代表選に立候補し、総理を争うところまできたことに、後援会幹部の1人は「地盤も看板もないところからよくぞここまで来た」と感慨深げ。「初めての立候補で落選をしたときのことを思いだした。落選の翌日にも駅立ちして支援を訴えていてすごいと思った」と話した。

 また、別の幹部は「衆院選に立候補するときから『出るからには首相を目指す』と公言してきた人。今回はようやく巡り合わせがきたと思う。1回で通るとは思っていなかっただろうし、1、2回落ちてもあきらめる男ではない」と話した。

 ほかにも「菅さんよりも演説の内容が良かった。党も日本も閉塞(へいそく)感に覆われている今、代表選に立候補した意味は大きかった。結果は残念だが、勇気づけられた」といった声もあがった。

【関連記事】
菅直人氏が樽床氏下し民主新代表に 午後に第94代首相指名へ
菅代表就任で真紀子節“炸裂”「選挙管理内閣だから」
橋下知事、因縁の樽床氏に「ノーコメント」
「クリーンな政治」実現できるか 菅氏の手腕に注目
菅氏、早くも“上から目線”!? 「小沢さん静かにしていて」

民主代表選 4日にも新内閣誕生 菅氏有力、枝野氏ら支持(毎日新聞)
米大統領と電話会談へ=菅新首相(時事通信)
女優の宝生舞さんが引退(時事通信)
著作権法違反容疑 「トトロ」シール偽造 33歳男を逮捕(毎日新聞)
「小沢さんと一緒に辞めるのが最高の殊勲だ」(読売新聞)
posted by ワカバヤシ キヨハル at 11:44| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。