2010年03月31日

小泉被告に死刑判決 元厚生次官ら連続殺傷(産経新聞)

 元厚生次官ら連続殺傷事件で、殺人や殺人未遂などの罪に問われたさいたま市北区の無職、小泉毅被告(48)の判決公判が30日午後1時半、さいたま地裁で開かれた。伝田喜久裁判長は判決理由の朗読後、検察側の求刑通り、小泉被告に死刑判決を言い渡した。

 小泉被告は初公判で起訴事実について認めたものの、「無罪を主張する。私が殺したのは人ではなく、心が邪悪な魔物」などと主張していた。被告人質問では、「『自首』の時点で100%死刑だと思っていたが、今は1000%死刑だと思っている」などと発言していた。

 起訴状によると、小泉被告は平成20年11月17日夜、元次官の山口剛彦さん=当時(66)=夫妻をさいたま市内の山口さん宅で刺殺。翌18日夜、東京都中野区の元次官、吉原健二さん(78)宅で吉原さんの妻、靖子さん(73)を包丁で刺して殺害しようとしたほか、元社会保険庁長官の横尾和子さん(68)と家族の殺害を計画したなどとされる。

【関連記事】
元厚生次官ら連続殺傷(上)被告は心神喪失か耗弱 弁護人、検察側鑑定を厳しく批判
「自らの命をもって償う以外にない」そのとき被告は体をねじり…
「“マモノ”は単なる悪態」被告の無罪主張を一蹴する検察官
元厚生次官ら連続殺傷 「マモノとは何か」とただす裁判官 被告は「あだ討ちだった」
元厚生次官ら連続殺傷 弁護側の精神鑑定を却下 被告は「心臓めがけて狙った」

アザラシ猟に裸で「NO」=米保護団体がカナダ政府に抗議−東京(時事通信)
過去最高額の平成22年度予算案、今夕成立(産経新聞)
“昼宴会” ちょっとお得・集まりやすい…人気(産経新聞)
「夜スペシャル」施設使用は適法=塾連携の夜間有料授業−東京地裁(時事通信)
めぐみさん拉致現場「胸詰まる思い」=国家公安委員長が視察−新潟(時事通信)
posted by ワカバヤシ キヨハル at 11:48| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。